信学会トップ>グリーンクラス >

よろこびの声(合格体験記)

信州大・医(医)
明治大・政治経済

新しい知識と出会い楽しかった授業

(長野高)

1、2年の時は、川崎先生の数学の授業で早いうちからレベルの高い問題に触れ、浜先生の英語の授業で文法、和文英訳などの基礎をしっかりと教えていただきました。3年生になって、葉密先生の英語の授業で文構造を把握することで長文読解がすばやくできるようになりました。原先生の物理では公式の定義、使い方を一から確認できたので、苦手だった物理がいつの間にかできるようになっていました。小林先生の化学はいつも面白く、化学が好きになりました。グリーンクラスの授業は、どの先生の授業でも学校では教わらないような知識と出会うことができて、とても楽しかったです。

信州大・医(医)

テキストや過去問を何回も繰り返す

(上田高)

グリーンクラスに通っていたのは1年ほどですが、第一志望の合格に至る上で本当に貴重な1年だったと実感しています。グリーンクラスには難関大合格を目指して意欲的に勉強している人が多く、特に同じ大学を目指す友達がいたことで、時に悩みを語り合ったり、時にライバルとして意識しながら、常に高いモチベーションを保つことができました。勉強に関しては、センターの比率がとても高いこともあり、センターの点数を取ることにものすごく重点を置いていました。この時には、繰り返すことを甘く見ず、駿台のテキストやセンターの過去問などを、答えまでの過程や必要とされている知識を解釈し、理解できるまで何回も取り組みました。成績が上がらず苦しい時期もありましたが、勉強だけでなく精神面でも支えてくださった先生方のおかげで、あきらめずにここまで来ることができました。精神面ですが、最後に重要なことは「あきらめない」ことだと思います。自分の目標をしっかりと見据えて、最後まで自分の勉強をやり抜いてください。

信州大・医(医)

授業で思考力と発想力を鍛えられた

(上田高)

グリーンクラスには高2の冬から通い、英語の小林先生、数学の近藤先生にお世話になりました。授業では思考力、発想力などかなり鍛えられたと思います。とりわけ「近藤の鉄則」は、家訓にしたいと思ったほどの衝撃でした。信州大学医学部の前期は、900:150というセンター重視の配点だったので、二次対策はグリーンクラスの授業が主で、ほとんどの時間をセンター対策に注ぎ込みました。夏期、冬期講習では200点という配点の怖い国語を強化しようと思い、現代文、古典の両方を受講しました。点はすぐに上がらなくても考え方のコツをつかめたように思えます。センターで国語が170点を超えたのはその結果だと思います。高1の夏からずっと希望していた信州大学医学部医学科に合格することができ、本当に嬉しく思います。

信州大・医(医)

わからないことを放っておかない

(松本深志高)

ずっと前から志望校を信大一本に絞っていました。センターの点数を取る目的で、当時苦手だった古典・現代文・化学の講座を受講しました。グリーンクラスの先生方のご指導のおかげで、点数が飛躍的に伸び、国語と化学に関して満足のいく結果が出せました。特に現代文の田中先生、古典の古谷先生には最後までお世話になりました。数学については、わからなかったら質問するということを怠りませんでした。わからないことを放っておかず、すぐに解決して吸収するというサイクルは、自分にとって本当に効果的な勉強法でした。センターで目標点に達しなくても、二次逆転を目指し、最後まであきらめないことが大事だと思います。

信州大・医(医)

先生の励ましで前向きになれた

(松本深志高)

グリーンクラスの授業は、高校の授業を追いかけるペースで進んでいったので、学校で十分理解しきれなかったところをしっかり復習できました。また、数学の問題解説をとてもていねいにしていただけたので、参考書などでよくある「どうしてそうなるの?」ということが全くなく、解法を理解できました。面談担当の村山先生には本当にお世話になりました。私はどちらかというと後ろ向きな性格なので、面談の時にいつも前向きなことを言っていただけて本当に助かりました。学校ではわからない情報も教えてもらえました。

北海道大・総合入試(理系)
早稲田大・スポーツ科

班活で忙しくても勉強に打ち込めた

(長野高)

グリーンクラスには、高校生になった時からお世話になりました。1、2年生のころは、学校の授業でわかりにくいところをもう一度教えていただいたので、受験の基礎を身につけることができたと思います。班活で忙しく、勉強に身が入らない時も、信学会に行くと自然と受験を意識し、気を引き締めて取り組むことができました。3年生になると、自習室をたくさん利用させていただきました。わからないところがあれば、すぐ先生に質問できるところもありがたかったです。振り返ってみると、授業を受けている先生だけではなく、自習室でもすばらしい環境で勉強させていただいたのだと思います。

東北大・工

目標はっきりすると勉強の質が違う

(上田高)

私がグリーンクラスに入ったのは班活動が終わってからでした。少し遅いと思いましたが、気持ちの切り替えになり、短い時間でも十分成果が出る授業でした。グリーンクラスでは、英語、数学、物理をとっていましたが、特に数学の近藤先生、物理の内藤先生は素晴らしかったです。数学では、今までの自分と全く違った考え方を教えてもらい、物理では、現象の本質を教えてもらいました。どちらも夏休み明けごろから飛躍的に伸びました。私が合格できた理由の一つは、早い時期の志望校決定にあったと思います。2年生の初めには決定していました。目標がはっきりしていると勉強の質が全然違います。入試は受けてみなければ合格できないので、チャンスがあるならぜひ受験したほうがいいと思います。

東北大・工

多くの模試に挑戦して弱点を発見

(松本深志高)

試験後は、数学で失敗したという実感からダメだと思っていたので、合格した時は本当に嬉しかったです。グリーンクラスの授業は学校を追うかたちだったので、復習として内容を理解するのにとても役立ちました。志望校決定と受験勉強開始の時期は早いに越したことはありません。そして、専用模試を受けることをオススメします。僕は、高3の夏にあった東北大模試で、物理が9/150点という結果となり、この大学に合格するためにはあまりにも物理の力が足りていないということを思い知らされました。それがあったからこそ、そこに重点を置いた勉強をしていくことができました。自分の弱点を見つけるためにも模試には多く挑戦してほしいです。

茨城大・工

基本をしっかり復習することが大切

(岡谷南高)

10月ごろは成績が全然伸びなくて不安でしたが、合格できてよかったです。家でなかなか勉強できなくてもグリーンクラスには自習室があるので、そこで気が散ることなく勉強できました。授業も詳しく教えてくれるので、苦手科目でも困ることなく入れます。暗記ものは他の教科の合間にちょくちょく見てなるべく繰り返しました。数学、物理など応用が必要な科目も、まずは基本をしっかり復習することが大切です。また、授業で扱った問題はよく復習しました。

群馬大・医(保健)

不安な思いを受けとめてくれた先生

(野沢北高)

私は中1のころからずっと信学会に通っていました。中学では数学や英語など、高校に入ってからも重要になる教科の基礎固めが必須ですが、信学会で授業の予習・復習をきちんとしていただいたおかげで、高校受験の際も焦ることなく勉強を進めることができました。グリーンクラスでも、高校の授業進度に合わせた授業をしていただいたので、単元ごとに理解を深められました。今回、群馬大学の推薦入試を受験するにあたり、英語・国語の読解、理科の論述問題への対策が必要でしたが、センター試験の勉強と両立させることはとても大変で、途中で推薦受験をやめてしまおうかと何度も思いました。そんな時に、信学会の先生が何時まででもじっくりと話を聞いてくださり、不安を全部吐き出すことで、また頑張ろうという気持ちになれました。

東京医科歯科大・医(保健衛生)

物理の理解力が格段に上がった

(上田高)

私は高校3年間近藤先生に数学を教わり、3年生の秋から半年間内藤先生に物理を教わりました。数学は、3年間近藤先生に教わったことで得たものが多く、二次試験では数学が得点源になったと思っています。物理では、担任の先生に、お前の物理のレベルなら東京医科歯科大学は受けないほうがいいと言われてしまうほど散々なものでしたが、内藤先生に物理を教わってから理解力が格段に上がった気がします。模試でいつも足を引っ張っていた物理は、センター本番ではまずまずの点数を取ることができました。

東京海洋大・海洋科

過去問研究で出題傾向をつかむ

(長野西高)

私が現役合格できたのは、髪型が斬新な葉密繁先生のおかげです。葉密先生の授業があったからこそ、受験への取り組み方、勉強のやり方などが変わり、成功につながりました。葉密先生は、「大学に合格するのは頭のいい人ではなく、入試で高得点を取った人です」と言っていました。私はこの言葉で受験に取り組む姿勢や意識が変わり、本格的に受験生のスタートができました。また、葉密先生は常々「過去問を研究しろ」と言っていました。過去問をやり、研究を重ね、出題傾向を把握しました。葉密先生の言ったとおり、各大学の出題傾向をつかみ、そこを勉強することで、高得点につながりました。

横浜国立大・理工
明治大・情報コミュニケーション、青山学院大・理工

やる気が一番大事!

(上田高)

受験が終わって思うことは、やはりやる気が一番大事!ということです。グリーンクラスの先生方は、そのやる気を奮起させてくれました。ありがとうございました。

新潟大・歯

班活忙しくても毎日30分勉強した

(野沢北高)

3年間お世話になったけど、班活で忙しくなかなか行けなかった。班活が終わると文化祭があり、勉強にほとんど手が回らなかった。でも、できるだけのことはしようと、毎日30分でも勉強した。その後はグリーンクラスの自習室で必死に勉強し、センター前日はとにかく疲れをとった。私は、学校の授業を予習して、学校でやったことをグリーンクラスでもう一度見直すという勉強法が、とても効率がよいと思う。先生にわからないことを質問するのも必要だ。学校生活でもいろいろ大変なことがあったけど、自分で目標を築いて達成した時は、とても充実した瞬間だった。勉強や班活や文化祭、その他諸々に完全燃焼できるよう、日々の生活を大切にしてほしい。最後まで粘った人が合格できるはずだから。

金沢大・理工学域
東京理科大・理工、法政大・理工

苦手だった物理がとても伸びた

(長野吉田高)

僕は班活を引退し、夏休みに入り、なかなか受験モードに切り替えが難しい中でグリーンクラスに入りました。グリーンクラスでは苦手教科の授業を受けました。特に物理の原先生の授業は楽しく、かつわかりやすく教えていただいたおかげでとても伸びました。他にも、自習室が利用できるという学習環境がよかったので、毎日遅くまで集中することができました。僕が志望する学科は二次重視だったので、原先生にセンター1か月前までは二次対策をしたほうがいいと言われたので、英語・数学・物理を中心に記述対策をしました。受験は、努力した人が必ず勝つので、最後まであきらめないでください。かといって無駄な勉強をせず、時々気分転換をして、効率のよい勉強をしていってください。

金沢大・医薬保健学域
北里大・医療衛生、杏林大・保健

先生のアドバイスを素直な心で聞く

(諏訪清陵高)

グリーンクラスの先生方はとても個性的で、各教科での学力向上のバックアップはもちろんのこと、生活面・精神面でのバックアップが非常に大きく、心強かったです。私たちのことを思って授業してくださっていることが伝わってくる授業で、やる気が出ました。金沢大学を受験すると決めることができたのも、グリーンクラスのおかげです。自分なりの計画を立て学習することも大切です。計画がきつくて負担だとか、受験生がぬるいことを言っていてはいけません。計画を追い越すくらいの気合と集中力でやることをオススメします! 先生方のアドバイスを素直な心で受け止め、努力することです。

山梨大・工

わかるまでていねいに教えてくれた

(上田東高)

僕は英語、数学、物理をとっていました。それぞれの講師の方は頼りがいがあって、わからないことがあっても自分がわかるまでていねいに教えていただきました。英語では授業外のサポートとしてプリントを出していただき、数学はギャグをかましたりするとても楽しい授業でした。物理では、先生が若いこともあり自分たちに近い雰囲気の授業でよかったです。僕は人見知りが激しく、多くの質問はできませんでしたが、物理の先生などは見かけると声をかけていただき、とてもうれしかったです。授業では、すべてに共通しますが、わからないことがないように基礎のポイントからしっかり教えていただきました。一番印象的だったのは物理で、学校での進度が遅くてもついていけるいい授業でした。テキストの演習だけでもしっかり力がつきますので、後輩にも頑張ってほしいです。

山梨大・工

勉強には「量」も必要

(松本県ヶ丘高)

嬉しいです。勉強中にも何度も合格したときのことを想像していましたが、それよりもはるかに嬉しいです。協力してくださった方々に感謝しています。グリーンクラスでは、特に夏期講習や冬期講習で自分の弱点を勉強でき、よかったです。面談担当の長屋先生はとても頼りになりました。先生方は案外生徒の顔を覚えているようで嬉しかったです。よく「こういう勉強法がいい」というのを見ますが、一人ひとり自分に合った勉強法があると思うので、いろいろ試して自分に合う勉強法を見つけてください。また、「量より質」という人がいますが、量も必要です。少しでも早くから勉強を始めてください。質は、いろいろ試す中で改善できますから。

信州大・医(保健)

頑張る人の姿に刺激を受けた

(松本蟻ヶ崎高)

グリーンクラスでは、他校の人たちといっしょに授業を受けることで、刺激をもらいました。自分と同じ目標に向かい頑張る人がいる、そのことが自分自身のモチベーションにもつながりました。数学の授業では、とても難しい問題でも順を追って説明してくださるので、なぜこうなるのかをしっかり理解でき、二次対策に役立ちました。また、授業の中で出てくる解法を、ていねいにポイントをまとめて説明してくださったことは、センター対策にもつながりとても役に立ちました。

信州大・医(保健)
新潟医療福祉大・健康科

集中できる学習環境を作ること

(諏訪清陵高)

合格発表で番号を見つけた時は信じられず、家に通知書が届いてようやく合格を実感できました。嬉しい気持ちでいっぱいです。グリーンクラスの先生方はすごくわかりやすい授業をしてくださったので、とても学力がつきました。素敵な先生ばかりで、勉強の仕方だけでなく、励ましてもらうこともあり、本当に支えてもらっていたと思います。また、自習室の環境もよく、私は毎日自習室に通って勉強していました。集中できる学習環境を作ることは大切だと思います。夏期講習や冬期講習は積極的に参加するべきです。毎日松本まで通うことに抵抗があるかもしれませんが、講習で得るものはとても大きいです。

信州大・工

いつも親身になってくれた先生たち

(松本県ヶ丘高)

第一志望の大学に合格できたので、とてもうれしく思っています。グリーンクラスはどの授業も、難しい問題をわかりやすく説明してくださって、とても助かりました。自習室では集中することができて、とても役立ちました。先生方は皆とても親切で、いつも親身になって話をしてくださるのが印象的でした。

奈良女子大・理

充実した自習室で勉強に没頭できた

(長野高)

とにかく自習室が充実していてよかったです。私はいつも241教室を利用していましたが、机が個別に区切られていて周りの環境を遮断しやすかったので、何時間も自分の世界に没頭することができました。どの先生方も授業が本当にわかりやすかったです。受験時代、理科がどの模試でも点数がないくらいボロボロでしたが、夏期講習、冬期講習の集中特訓のおかげで、センターは高得点をとることができました。先生には授業だけでなく、何気ない会話や進路相談にものってもらえました。特に、樋口先生、原先生には感謝しています。皆さんも勉強すれば必ず力はつきます。学力の伸びを楽しみに待ちながら、苦しいけれど短い受験生活に臨んでください。

埼玉県立大・保健医療福祉

先生のポジティブ思考に助けられた

(長野吉田高)

化学の小林先生は本当にわかりやすくて、化学は苦手だったはずなのにあっという間に得意科目になりました。ノートにまとめておくと、あとで読み返しもできるし便利です。英語は浜先生が印象的です。何と言っても、授業の間にはさむ小話がとてもおもしろいです。センター英語の授業は、過去の問題を大問ごとに分けて解説してくれるので、頭に入りやすいです。担任の原先生はもちろん、他の先生方もフレンドリーで話しやすいし、相談ごとやくだらない話まで聞いてくれます。そしてみなさんポジティブ思考なので、「あれ、何でこんなことで悩んでたんだろう?」ってなります。本当に助かりました‼

首都大東京・システムデザイン
法政大・理工、中央大・理工、神奈川大・工

先生からのメールで心が落ち着いた

(松本県ヶ丘高)

グリーンクラスは学校の授業とは異なる緊張感があり、密度の濃い時間を過ごせたことがよかったです。早いうちから英語の長文に触れたり、数学の弱点を見つけたりできました。秋からは毎日自習室を利用しました。家では集中力が続かないので、あの独特な環境に身を置いて勉強できたのもよかったです。数学の授業と面談を担当してくださった川崎先生には、入試当日までお世話になりました。一人で受験に行き不安だった中、先生からの励ましのメールで心が落ち着きました。最後まで頑張ってこられたのは、自分の力だけではなく周りの人たちのおかげです。

山梨県立大・看護

やらなければいけない環境に身を置く

(松本深志高)

センター試験の結果が悪かったので落ち込んでいましたが、受験校を決め直し気持ちを入れ替えて二次試験に臨めたのがよかったと思います。家にいるととかくぐだぐだしてしまいがちですが、グリーンクラスの講座を取ることによって「やらなければいけない」環境になるので、私にはよかったです。受講した「ハイレベル英語総合」の授業は、とてもわかりやすくやる気の出る授業でした。受講生が多くいるにもかかわらず、先生がすぐに名前と顔を覚えてくれたのが印象的でした。

長野県看護大・看護

志望理由書を何度も添削してくれた

(諏訪清陵高)

グリーンクラスには自習室があり、授業以外の時間も勉強することができて、とても便利でした。大学についての情報を知ることもできました。授業以外でも先生方は親身になってくれて、志望理由書を書くときには何度も添削していただきました。あきらめず、自分が一番行きたい大学に行ってください。

東北大・教育
早稲田・社会科

頑張らなければ!と思わせる自習室

(長野高)

一番ためになったのは、やっぱり自習室です。私は意志が弱いので、グリーンクラスの自習室の存在がなければ、全く勉強しなかったと思います。夜9時まで開いているのは本当にありがたかったです。特に夏休みは、いつも利用しました。自習室にいる人たちはみな集中していて、勉強が嫌になったときにその人たちを見ると、自分も頑張らなければ!という気持ちになれました。また、先生方にしていただく添削もありがたかったです。私は2月になってから添削をしてもらったのですが、1対1でとてもていねいに教えていただき、すごくわかりやすかったです。

東北大・法
青山学院大・法、中央大・法、立教大・法、立命館大・法

現役生は最後まで伸びると信じて

(松本深志高)

第一志望に合格できてとても嬉しいです。辛い時期もありましたが、その分、合格以外にも得られたものがあると感じています。面談担当の村山先生は穏やかで、安心してたくさんのことを相談できました。英語の竹村先生は、優しくもあり厳しくもあり、よく単語書き取りで居残りになりました。加藤先生からは英文法の大切さを教わりました。数学の川崎先生はテンションが素敵で、質問にていねいに答えてくださいました。どの先生にも感謝してもしきれません。「現役生は最後まで伸びる」と言われ、その言葉を信じて頑張ってきました。受験を終えた今、本当だったとあらためて感じています。自分の伸びを信じて受験期を駆け抜けてください。

筑波大・情報学群

机にむかってとにかく勉強

(上田高)

私は中学、高校と信学会のさまざまな先生方にお世話になりました。冬休みや二次試験前には自習室を利用させていただき、集中した勉強時間を取ることができました。典型的な文系であった私にとって数学は天敵。そういった点で数学の宮下先生には、3年以上本当にお世話になりました。二次試験前には何度、宮下先生に泣きついたことか…。先生のおかげで、二次試験の数学をなんとか乗り切ることができました。「勉強は量より質」とよく言われますが、私は「質より量」のタイプでした。とにかく机にむかって、とにかく勉強。集中力が切れたら、教科を変えてみるなど、工夫して量をこなしました。大学受験は精神的に辛い面も多くありましたが、仲間に助けられながら頑張ることができました。

群馬大・社会情報

勉強は毎日コツコツやったほうがいい

(上田高)

私が本格的に勉強を始めたのは、7月の後半からでした。夏休みは平均して8~9時間はやりました。ですが、模試の判定は思うように伸びていかず…この時期は志望校すべて、マーク模試でオールE判定でした。これは本当にまずいと思い、平日も死ぬ気で勉強していきました。が、なかなか判定は伸びていかず…。センターの直前までD、E判定ばかりでした。しかし、あきらめずに最後までやることが大切だと思い、とにかく粘りました。センターの当日は今までにないくらいの点数を取ることができました。ですから、勉強は毎日コツコツやったほうがいいです。夏休みの直前から本格的に始めた私は、完全に出遅れてしまいました。私みたいになると精神的にかなりつらいことになります。

埼玉大・教育

最後まであきらめるな!

(上田染谷丘高)

グリーンクラスでは英語と数学をとっていたのですが、先生方が工夫して授業をしてくださったので、とても楽しく、かつ効率的に多くの知識を得ることができました。英語は、グリーンクラスに入る前は得意科目ではありませんでしたが、入ったころからどんどんわかるようになり、センターでは一番よい点を取れました。後輩の方々へ伝えたいことは、最後まであきらめるな、ということです。僕はセンターの判定がE判定でしたが、あきらめず最後の最後まで自分のやるべきことをやり続けたので無事合格できました。努力は絶対に裏切らないです。

千葉大・文
津田塾大・学芸、明治学院大・文

1冊の問題集を徹底的にやること

(松本深志高)

センターで失敗し不安もありましたが、第一志望を変えずに粘って二次の勉強を続けてよかったです。日本史は盲点になっている部分をクローズアップしていただき、センターで9割とることができました。英文和訳のコツは自己学習だけでは気づけないものだと思います。数学は基本から応用まで取り扱ってくれ、苦手な私でも安定した点数が取れるようになりました。夏休みが終わるとセンター前まで長期休みがないため、夏休みを大切に使ってほしいです。1冊の問題集を徹底的にやることです。テレビやゲームも楽しいですが、問題を自力で完答できたときも嬉しいと思えるようになったら勝ちだと思います。

上越教育大・教育
都留文科大・文

過去問を根気よくすべて解いてみる

(須坂高)

3年の夏ごろからグリーンクラスで勉強を始めました。英語と数学が苦手で、学校の模試では3~4割くらいしか点がとれませんでしたが、グリーンクラスの授業を受けてから徐々に英文が理解できたり、数学も半分以上解くことができるようになり、本番のセンター試験では目標の6割以上の点をとることができました。ここまで変わることができたのも、授業を教えてくださった信学会の先生方のおかげだと感謝しています。私は英語の学習に一番力を入れていたのですが、ほとんど過去問しかやっていません。ですから、これから受験する皆さんにも過去問を解くことをオススメします。根気よく10年前ぐらいまで追試も含めてすべて解いてみてください。

山梨大・教育人間科

教師になるためこれからもがんばる

(須坂東高)

本当にここで学んでよかったと思います。質問しに行けばていねいに教えてくれたり、自分が気持ち的に沈んでいる時談笑してくれる、そんな先生の支え、助けがあったから、ここまでやってこられたと思います。自分がここまでやってこられたのは、自分自身の力だけではなく、周りの人たちがいてくれたからで、それが「受かりたい、受からなくちゃいけない」というプレッシャーにもなっていましたが、そのおかげもあって合格することができました。自分が教師になった、なれた時に、ここで受けた助け以上に自分の周りの人たちの笑顔、支えになれるように、これからがんばっていきたいです。

信州大・教育

日本史は年表を自分で作ると効果的

(屋代高)

特によかったのは、受けられる授業の数が多くてまんべんなく勉強できたことです。そして自習室の雰囲気もよくて、とても刺激になりました。夜遅くまで使えるので、家では勉強できないという人も大変助かると思います。また、先生方もたくさん質問に答えてくれ、受験の資料も多くあったので、一つひとつ穴を埋めることができました。冬期講習では数学をとり総復習しました。国・数・英は早い段階でやらないととても大変で困ると思います。日本史は年表を自分で作ると効果的です。そのおかげで、5割しかとれなかったのが本番で9割もとれました。

信州大・教育
実践女子大・文

校舎に入る度、やろうという気持ちに

(松本深志高)

センター試験では思いのほか得点できず不安でしたが、あきらめずに二次試験に向かって練習に励んだことがよかったのかもしれません。これも、ご指導くださったグリーンクラスの先生方や実技(美術)の先生、家族のおかげです。グリーンクラスの授業は引き締まった雰囲気で、周りの人たちからも刺激をもらい、校舎に入る度に「やろう!」という気持ちになれました。竹村先生の英語は、指示語や文型などの解説が詳しくて、とてもわかりやすかったです。唐澤先生の日本史は、大切なところを短期間でおさえることができ、とても面白い授業でした。

信州大・教育

行きたい大学のことをよく知る

(諏訪二葉高)

グリーンクラスでは、他校の生徒もいっしょに勉強するので、いい刺激になります。最初の数学の授業で、清陵生の問題を解くスピードに圧倒されたことは忘れられません。また、先生方に進路の話もしっかり聞いてもらえました。たくさん相談すると落ち着きます。自分の行きたい大学のことをよく知って、挑戦してほしいです。

信州大・教育

充実した進路指導で自信が持てた

(諏訪清陵高)

グリーンクラスは周りの雰囲気がやる気に満ちていて、とてもいい刺激になりました。数学では解法の書き方と解説を非常にていねいに教えてくれたので、解法が頭に入ってきやすく、模試などでかなり得点を伸ばすことができました。二次対策もグリーンクラスで十分に学ぶことができました。進路指導も非常に充実していて、なかなか聞くことができないような詳細な情報まで教えてくれたのでありがたかったし、受験に向けて自信がつきました。受験はやるべきことをしっかりやっていれば大丈夫だと思います。あせらず心に余裕を持っていることが大切だと思います。

信州大・経済

予習・授業・復習にしっかり取り組む

(松本蟻ヶ崎高)

まさか、自分が合格できるとは思っていなかったので信じられませんが、合格することができたので、これから大学の勉強もしっかりがんばっていきたいです。グリーンクラスでは英語を受講し、語句整序のやり方を教わってから点数が上がったので、すごくよかったです。毎回の授業がとてもわかりやすかったです。勉強は復習を大事にすることが大切だと思います。予習も欠かさずやりました。予習・授業・復習の流れをしっかり行って、最後まで粘り強くがんばってください。

高崎経済大・地域政策
駒澤大・経済、東洋大・経済、神奈川大・経済

ためになった担任の先生の面談

(篠ノ井高)

私は、浜先生と樋口先生に教えてもらいました。塾だからって、そんなに堅苦しく着々と授業をやっていくわけではなく、時には先生の身内ネタとかで、おもしろく楽しく授業を進めてくれました。でも、センター試験に必要な知識や解き方、試験の傾向など、「学校じゃ教えてくれなかった」ってところまで、ちゃんと教えてくれます。また、入った当時には担任の先生が面談をしてくれて、学校内だけではわからない全国の情報も聞けました。センター直前の週、グリーンクラスの先生方で合格祈願の会をやってくれて、センター前にパワーを注入されました。おかげで本番も目標点を取ることができ、先生方みなさんに、とっても感謝しています。

群馬パース大・保健科

放課後は毎日自習室で勉強した

(長野東高校)

高3の春からグリーンクラスにお世話になりました。私は受験モードに切り替わるのが遅く、本格的に受験勉強を始めたのは、夏休みに入ってからでした。受験一本になってからは、放課後空いている日は毎日自習室に行き、勉強しました。自習室は周りに違う学校の人たちがたくさんいて、大学進学という目標に向かって頑張っている人たちの中で勉強できるので、とてもいい刺激になりました。グリーンクラスに入るときは、授業についていけるかという不安でいっぱいでした。でもすごくわかりやすく、すぐ身について、今は本当にグリーンクラスでがんばってよかったと思っています。

国際医療福祉大・保健医療

幅広く対応する力がついた教材

(松本蟻ヶ崎高)

模試ではE判定が続き、合格は厳しいと思っていたので、合格できてすごく嬉しいです。グリーンクラスの授業では、今まで知らなかったことを教えてもらい、受験に役立てることができました。教材もさまざまな問題が載せられていて、幅広く対応する力がつきました。また、面談で先生と話をすることで、励みにもなったし、「やらなきゃいけない」という危機感も出たので、よかったです。

工学院大・建築
芝浦工業大・工、日本大・生産工学

嫌いだった物理が好きになった

(長野日大高)

原先生の物理の講座を受講できてよかったです。受講するまでは、物理は苦手だし、よくわからないし、はっきり言って嫌いでした。先生の講座を受講して1年、得意とまではいきませんが問題は解けるようになったし、物理が好きになりました。また、質問に行ってもわかるまで教えてくださったので、すごく助かりました。ちょっとした一言で私のわからないところをくみ取ってくださったので、わからないところがわからなかった私にはありがたかったです。進路先の相談や学校の先生にはちょっと相談できないことも先生には相談できたので、信学会のグリーンクラスにいてよかったと思いました。自習室も充実していて勉強しやすかったです。また、赤本の貸し出しがとても役に立ちました。

東京農業大・農

苦手な英語を克服した

(松本蟻ヶ崎高)

第一志望の大学で、1年生のころから行きたいと思っていたので、すごく嬉しいです。先生との面談がなければ、推薦を受けることもなかったと思います。英語が苦手なため、グリーンクラスでは基礎の講座を受講しました。テキストに要点がまとめてあったり、授業用のプリントがあったりと、わかりやすかったです。問題の解説も、どこが違うのかを一つずつていねいにしてくれたので、家でもその解説部分を何度も読んだり、正しく直した英文を頭に入れたりしました。英単語は早めにやっておくことが大切だと感じました。

関西大・システム理工

やればできる!!

(上田高)

私は班活動に勤しみ勉強を全くしてこなかったタイプ。物理は模試で5点。アベレージは30点半ば。しかし、3年の夏に内藤法和先生(物理の神)に出会い、先生の教えを守って5か月後のセンター試験は95点。信じてよかった。先生に会わず物理を教えてもらわなければ今の自分はなかった。新受験生のみんな、やればできる‼ 信学会の授業を受けた瞬間からみんなも変われる。新しい自分に出会ってみたくはないですか? 1年後、自らが望む場所で新生活を送りたくないですか? じゃあ、いつやるの? 今でしょ!

早稲田大・政治経済

先生の言葉が向上心につながった

(松本深志高)

私が受講したアカデミー英語の授業では、英文法の復習から長文読解のポイントまで幅広く扱ってくれました。長文を読む際、構造を捉えマークしながら読むことで、英文解釈がグッとしやすくなりました。アカデミー英語の加藤先生は、毎回の授業で「名言」をおっしゃいました。それらの言葉が勉強するうえで非常に参考になりました。先生には毎回のように、「君たちはまだまだだなぁ」と言われてきましたが、その中で、同じ授業をとっている人たちに対して「負けたくない!」という対抗心を持つようになり、それが自分自身の向上につながったと思います。

早稲田大・商

文章力が磨かれた小論文の添削

(長野高)

高1から高3まで苦手としていた英語を受講しました。浜先生と葉密先生の、学校では教えてくれない考え方と答案の書き方のご指導は、学校の定期テストや校外模試で本当に役立ちました。大学での英語学習にもつながると思います。また、高3の後半には小論文の講座も受講しました。樋口先生の小論文の添削は非常に細かく別の視点も与えてくれて、自分の文章力が磨かれていくのを感じました。入試本番も落ち着いて臨めました。高1から第一志望を見据えてコツコツ努力することは大切だと思いますし、結果は必ずついてきます。努力を惜しまず頑張ってください。

上智大・外国語

衝撃的だった小林経明先生の授業

(上田染谷丘高)

3年の1学期からグリーンクラスに通い始めました。アカデミー英語の小林先生の授業はとても衝撃的で、こんな授業は他では受けられないと思いました。とても難しかったし、進むのが速いので授業中はとても集中できました。中でも、「現役生アウト」の表現や、文法事項がとてもためになりました。難関私大を目指す人、国公立大の二次試験に英語がある人は、小林経明先生の授業は必須です。ぜひ1学期から通うことをお勧めします。

獨協大・外国語

自分を律することができるかどうか

(上田東高)

学校ではなかなか受験の雰囲気を感じるのが難しかったのですが、グリーンクラスには同じ目をしたライバルであり仲間がいて、よい刺激になりました。授業では、宮島先生の現代文が僕の中で「革命」を起こしました。今までとは180度違った目で問題文を読むことができるようになり、偏差値が飛躍的に伸びました。後輩に伝えたいのは、「受験の辛さ」です。周りに遊んでいる人がいる、見たいテレビがある、そんな中で自分を律することのできる人が、栄冠を勝ち取ることができるのだと思います。

青山学院大・総合文化政策
拓殖大・政経、日本大・商

高い理想を捨てない

(諏訪清陵高)

グリーンクラスでは、他校の生徒とともに授業を受けたことで、ライバルのように感じ、時にはいっしょに勉強することで、最後までやり遂げられました。失敗することはありますが、そこで落ち込むのではなく改善して、すぐに始めることが大切です。何があってもへこたれない、高い理想を捨てない、そういう精神を自分も持てた気がします。

成蹊大・経済

早い段階で進路を絞る

(松本蟻ヶ崎高)

グリーンクラスには3年生の前期途中から入り、ハイレベル私大英語の講座を受けました。受験に対する周りの雰囲気によって焦りを感じ、かえってやる気がでて集中することができました。この授業では入試の過去問題を扱うとともに、私大入試で絶対に押さえておきたい単語や文法を確認、暗記することで、幅広い入試への知識を得ることができました。私は早い段階で大学を調べて、指定校推薦の準備をしてきました。入試は気づいたらすぐ間近まで迫ってきます。高校の早い段階で進路をある程度絞って、少しずつ勉強していく習慣をつけることが大事だと思います。

中央大・経済
信州大・経済、法政大・経済

ブレずに最後まで粘ることが大切

(松本県ヶ丘高)

グリーンクラスでは、普段の授業から二次の直前講習まで川崎先生の数学の授業を取っていました。とてもていねいでわかりやすかったです。川崎先生には面談も担当してもらい、進路の相談など、さまざまなことでお世話になりました。同じ学校の友達もたくさんいたので、いっしょに通いながら切磋琢磨でき、よかったと思います。7階の自習室は朝早くから夜遅くまで開いているので、集中して学習できました。目標を決めたらブレずに最後まで粘ることが大切だと思います。

東京女子大・現代教養
日本女子大・人間社会、フェリス女学院大・文

わかるまで聞いて理解する

(諏訪清陵高)

目標に向かって精一杯やれば、それだけ結果はついてくるんだな、と感じました。私は高3の6月に引退するまで部活動に取り組んできたので、あまり勉強する時間がなかったように感じます。それでも、グリーンクラスでしっかり授業を受けていたことが、基礎固めにつながったと思います。間違えることを怖がらずに、どうしてその答えになるのかをわかるまで聞いて理解することが大切です。また、夏期講習や冬期講習は、諏訪から松本まで通うのは大変ですが、とても効果があるので行ったほうがいいです!

東洋大・国際地域
文教大・国際

通うのが嫌だと思うことがなかった

(松本蟻ヶ崎高)

2年生のころからずっと行きたかった第一志望に合格でき、本当に嬉しいです。グリーンクラスには1年生からずっと通い続け、継続的に力をつけることができました。受講していた英語、古文、現代文、日本史の先生たちは、本当にいつも授業がおもしろくて、塾に行くのが嫌だと思うことがなかったです。先生たちが授業の合間にしてくれる話が楽しかったことも印象に残っています。授業では問題の考え方や解き方を詳しくわかりやすく教えてもらえましたし、入試や大学のこともいろいろ聞けて、とても助かりました。

日本大・経済

夏期講習で自分に合う先生を探す

(松本蟻ヶ崎高)

グリーンクラスの国語の授業では、受験時にどのように解いていけばいいのかという過程を学ぶことができました。国語が苦手な人は、夏期講習で多くの先生の授業を受けて、自分に合う先生を探すといいと思います。また、自習室はとてもよい環境だと思うので、どんどん利用することをオススメします。英単語は類義語をしっかりまとめるなど、早くから数多く覚えることが重要だと思います。

法政大・社会

1・2年生からの積み重ねが合格に

(長野西高)

私は1年生の4月から信学会にお世話になりました。学校の授業で疑問に思った点やあいまいな部分を、グリーンクラスではとてもていねいに教えていただけたので、詰めの甘いところを確認することができ、知識を整理することができました。3年間を通して大きかったことは、自習室をいつでも使えたことです。テスト期間中は、毎日自習室で勉強できたのでありがたかったです。私の場合、3年生になってから詰め込んだというよりも、1・2年生の時から基礎的な学力を積み重ねたことが、合格への第一歩だったと思います。担任の先生方も親身になって話しを聞いてくださり、とてもうれしかったです。

法政大・現代福祉

志願理由書を何度も書き直した

(岩村田高)

私は作文を書くことが苦手なので、志願理由書に何をどう書いたらいいのか全くわかりませんでした。とりあえず、一度自分の思いついたとおりに文を書き、読み返してみても特に気になるところはなかったので、そのまま先生に添削をお願いしたところ、「何がやりたくてこの大学に入るのかわからない」と言われました。この大学でないとできないことは何だろうと、もう一度パンフレットやインターネットで調べました。先生に、「文の始めにまず自分の意見を書き、次にそのことについて説明してみては」とアドバイスしてもらい、最初のものと文の構成をかなり変えて、「福祉とはあなたの身の回りにたくさんあるんだよ」という指摘もつけ加えました。何度も書き直しているうちに、自分の決意がどんどん固まっていきました。面接練習は、志願理由書を書いて自分の考えもまとまっていたので大変ではありませんでした。でも、「最近気になるニュースは何ですか」という質問に困ってしまい、本番まであまり時間がなかったのですが、テレビや新聞で自分でもわかるようなものをピックアップしてから臨みました。

明治大・政治経済

学力を伸ばすコツを手に

(松商学園高)

合格通知をもらった時はとても嬉しくて、実感がわきませんでした。でも、これで満足せず、勉強を一生懸命続けようと思っています。グリーンクラスに通い始めた時は緊張しましたが、だんだん慣れてきて、学力を伸ばすコツを手にすることができました。英語・数学・国語は毎週通っていましたが、難しい内容もしっかり説明してくれて、やりがいがありました。特に英語は、学校の授業もグリーンの授業も、毎日コツコツやることがよいと思います。学校の定期試験も、直接受験には関係ありませんが、おろそかにしてはいけません。努力すれば必ず道は開けます。

立教大・社会
立教大・法、法政大・社会、明治学院大・社会

日々の積み重ねで必ず力がつく

(長野吉田高)

1年生のころからグリーンクラスに入っていました。班活を続けながらだったので授業に遅れてしまうこともありましたが、日々の学校生活や班活動で忙しい中、週に一度でも二度でも勉強をする習慣があったのはすごくいいことだったと思います。グリーンクラスの授業は学校とは雰囲気が違い、緊張感が持てました。また、先生方は勉強面ではもちろん、進路に迷ったり行き詰ってしまった時、親身になってアドバイスをくれました。これから受験を迎える皆さん、今は班活動などで忙しいと思いますが、少しでも日々の積み重ねで必ず力がつきます。頑張ってください。

立教大・コミュニティ福祉
東京国際大・人間社会

受験当日まであきらめずに勉強した

(須坂高)

私がグリーンクラスで学んでよかったことは、今まで古典がさっぱりわからなかったのですが、樋口先生の授業のおかげで問題が解けるようになりました。また、休日などは長野予備学校の自習室を利用したのですが、そこには同じく第一志望を目指す受験生がたくさんいて、とても刺激を受けることができるので、家で一人で勉強するよりも効率的でした。担任の樋口先生に、とても親切に進路相談を受けていただき、志望校を選ぶ時に非常に参考になりましたし、学習法も教えていただき、自分のためになりました。私は模試などではすべてE判定でしたが、受験当日まであきらめずに勉強したので、みなさんもあきらめず、最後まで頑張ってほしいです。

京都産業大・外国語

英語長文を克服し第一志望に合格

(長野清泉女学院高)

私は英語の長文を読むのが少し苦手だったので、ハイレベル英語総合の講座をとりました。葉密先生のハイレベル英語総合は、基礎の基礎から教わることができたので本当によかったです。4月の初めての講座の時は、SVOCの構文から教えてもらいました。長文読解のテクニックを知ることができたし、重要単語も確認することができたのでよかったです。この講座で学んだことを実際の入試に生かして、長文問題もスラスラと解けました。この授業に出ていなかったら、長文も苦手なままで第一志望に合格することはできなかったと思います。受験勉強は大変だけど、勉強すればするだけ自信になるし、合格した時の喜びは大きいのでがんばってください。

近畿大・経営
神奈川大・経済

印象深く、ためになる授業ばかり

(中野西高)

長ヨビにはすばらしい先生方がたくさんいます。私は英語と古文をグリーンクラスで学びました。葉密先生の英語の授業はとてもためになる授業ばかりでした。葉密先生には授業以外でもお世話になり、テストや過去問の添削などもたくさんしていただいたり、メンタルの部分でもアドバイスをたくさんいただきました。小泉先生の古文の授業はとても楽しく、先生が体をはって説明してくれて印象深い授業ばかりでした。グリーンクラスの自習室には、私と同じ受験生だけど、私よりはるかに勉強を頑張っているグリーン生がたくさんいました。そんな人たちを見て私も見習わなきゃと思い、夏からほぼ毎日通いました。

同志社大・法

優秀な講師ばかりのグリーンクラス

(長野高)

私は3年の春からグリーンクラスにお世話になった。現代文の小出先生は解答を導く上で鍵となる要素の捉え方や、間違えた解答について何が不適切なのかをていねいに教えてくださった。古文の小泉先生は主語の把握の重要性を気づかせてくれた上に、一義で複数の単語をまとめて覚える方法によって、暗記が苦手な私でも入試で単語に困ることはなかった。数学の原先生は一つの問題に対して複数の解答方法を紹介してくださり、難解な問題もさまざまな視点から考えられるようになった。英語の葉密先生は一文一文和訳していくというやり方がまるで無意味であるかのように、先生のおっしゃった法則に従うことでスピーディーに解答を導けるようになった。こんな優秀な講師ばかりのグリーンクラスで学べて、本当に感謝でいっぱいです。

立命館大・政策科
高崎経済大・地域政策

勉強する習慣が身につき成績アップ

(長野西高)

2年のころから勉強に危機感を覚え、グリーンクラスに通い始めました。グリーンクラスでの授業やLHR、個別面談などを通して、日々勉強する習慣が身につき、勉強することが苦ではなくなりました。そのおかげで、学校のテストや模試で130位くらいだった僕が、トップ20位以内に入るようになりました。受験生になってからは、毎日自習室で夜遅くまで友達と勉強したり、わからないところや悩みなどを先生に相談したり、先生にプリントを作ってもらったり、赤本をやっていくことにより合格することができました。

TOP